ムカデ・ヤスデ退治初級編

未分類
製品紹介

ドーム球場のありがたさが身に染みる梅雨のシーズン真っただ中。

打線まで湿っぽくならないよう声援を送りましょう。

そして捉えた当たりは快音とともに左中間を真っ二つ。

打球がフェンス沿いを転々とする間に走者は悠々と二塁へ。

ところで、このフェンス手前にある赤茶色の一帯はウォーニングゾーンと呼ばれます。打球を追う外野手に対し、フェンスが迫っていることを知らせるためのものです。球場により若干異なるとのことですが、まだ現地での観戦経験が少ない私にはそこまでの違いは分かりません。

熱戦の間に行われるグラウンド整備。ゲームが滞りなく進むのも裏方の皆様のおかげです。なお、バッターボックスやキャッチャーボックス、ファウルラインを引くために利用されている白い粉の名称がラインパウダーということは今まで知りませんでした。

そして某日、私がとある現場で散布していた白っぽい粉。別に工場内で草野球をしようという訳ではなく、地面を這って歩き、そして屋内へ侵入する害虫への対策として粉状の殺虫剤を撒いているのです。写真で使用されているのはクリーンショットBと呼ばれる商品で、ムカデやヤスデ、ダンゴムシなどに優れた効果を発揮します。

上の写真はシャットアウトSEという商品を散布した現場です。このように建物の外壁に沿ってファウルラインを引くように撒いていく感じとなります。ただし、この粉状の殺虫剤に触れた害虫は即死するという訳ではなく、20分なり30分なり時間差をおいてから死亡します。そのため建物の入り口付近へ散布した場合、最終的には死ぬものの弱った害虫がよろよろと建物の中に侵入してしまう場合があります。殺虫だけでなく虫の侵入をも防止したい場合はもう一工夫が必要となります。

解決策の一つに、どこかで害虫と殺虫剤が触れる時間をしっかり稼ぐという考え方があります。例えば植木鉢やコンクリートブロックの下はムカデやヤスデが日中潜んでいますので、そのような隠れ家に散布する方法が効果的です。

植木鉢だけでなく置物の下も要注意です。重いコンクリートや植木鉢と違って簡単に移動させることができますので、置物の下にも忘れずに散布しておきましょう。

また、最後の砦として粘着トラップ(いわゆるゴキブリホイホイのようなもの)を入口の近くに配置し、強引に捕獲する方法もあります。

粘着トラップの設置に際し、目立ってしまうのが気になる(外部の視線が気になる)ということであれば、傘立てなどの下に隠してしまってもよいでしょう。

近年の野球にはコリジョンルールという走者の進路を塞いではならないというルールがあります。しかし害虫退治の場面では、むしろ殺虫剤の散布面や粘着トラップで害虫の進路をどんどん塞いでいくことが重要となります。普段隠れていそうなところ、よく通るであろう場所をイメージしながら殺虫剤を散布していただければと思います。

殺虫剤を散布する場所や散布方法などでもう少しコツなど詳しく知りたいという場合はお気軽にご連絡いただければと思います。