あたみ桜

ただの旅日誌

花と団子、どちらも捨てがたい男が書くブログ

今回の舞台は伊豆半島
某日、私用で伊豆半島へ出向いておりました。
真夏と言っても通じそうなくらいに晴れた空とちぎれ雲、遥か彼方に水平線。
好天に恵まれたことにも感謝!
桜です、梅じゃありません
さて、今回の話題はこちら、地元のタクシーの運転手さんに教えていただいた
「あたみ桜」。
なんと1月から1ヶ月ほど花が見頃となり、年始早々お花見が楽しめてしまうのです。
それに加え「太平洋に面した熱海で」と言えば意外ですが時々雪が降ることもあり、
場合によっては雪桜が楽しめます。
写真に撮る余裕がありませんでしたが、今回の旅でも初日は大粒の牡丹雪が降り、
季節外れのような桜と場所違いに思える雪の共演を堪能しました。
海沿いにはカモメがいっぱい
シャッターチャンスにも恵まれた
また、花が咲くということであれば、そこに色々な生き物が集まってきます。
流石にミツバチはいませんでしたが、メジロが1羽せっせと蜜を吸っていました。
ところで、今年は暖冬・雪不足と言われており、弊社の所在地である大阪でも
冬らしくない日が続いています。
そして一部のお客様からは「雪が積もらないためかネズミやハクビシンといった
小動物の活動が目立つ」という知らせを耳にします。
放っておくと建物の中に侵入してくる恐れもあるため、侵入を防止する資材や
忌避剤を用いてしっかりと自衛策を講じましょう!