シロアリのトンネル

季節の虫

そろそろレッドゾーンかな・・・ランニングウォッチの心拍数を一瞥する夕暮れ。

季節外れの雨に打たれた連休の初日でした・・・夕方が小雨なら、
ランニングなんてどうだろう?
やがて夕日に染まった空、眼鏡に曇り止めを塗ってマスクをして、
人気のない旧道へ。
途中で差し掛かった長い上り坂。ランニングウォッチの心拍数は
跳ね上がるけれど、加速も上昇も・・・うん、大丈夫だ。
さて、翌日からは晴れた空。あちこちで羽を広げる虫たち。
僕らが羽を伸ばせるのはいつだろう・・・そのいつかに、
最高のスタートを切れるように、今日も乗り越えようか。
そんなゴールデンウィーク頃に、どこからともなく羽を広げて
飛んで来るもの・・・ヤマトシロアリの羽アリ。
大きさは大人の爪ほど、シロアリの名を冠してはいるけれど、
黒い体色に、くすんだ灰色の翅(羽)。
こんな虫が家のどこかから大量に飛び出してきたら、既に家が
シロアリによって大きな被害を受けていることの証明。急いで
駆除しよう。
それと羽アリが飛んでくることで新たな被害に遭うことだって
あるから・・・今までシロアリが出たことがないといったとて
油断はできない。予防の観点からも、業者さんに相談した方が
いいかなって思います。
ところで、シロアリの特徴の一つに挙げられるのが蟻道。
これは地中から出てきたシロアリたちが建材まで安全に、
快適に移動するために作られたトンネルのようなもの。
床下にこんなものが見つかった時も、要注意です。
なお、世の中には「戦車道」というのもあるらしいけど
それは・・・姉妹ブログの川竹君に譲ろうか。
お話を元に戻して、シロアリはそんな蟻道というトンネルを
作りながら移動する。だから「シロアリは光を嫌う」とか、
「床下が乾燥していたらシロアリは来ない」とか、「床下が
高いからシロアリの被害は受けない」というのは、迷信に
過ぎないと思う。
他にもお伝えしたいことはまだたくさんあるけれど・・・
もし興味があったら、シロアリのQ&Aをまとめたページが
あるから、ご覧いただけたら嬉しいです。

窮屈な連休が続くけれど、来週もまた身の周りの些細な
こととか、季節のこととか書いていけたらと思います。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

■ 担当者の独り言

無観客試合もあるけれど、プロ野球は、ほぼ予定通り進行中。
故障や不調で離脱してしまう選手もいれば、何年ぶりかの
白星を目指して復帰してきた選手だっている。
もちろん、頑張って欲しいし、応援だってする。それでも、
それだけで簡単に勝たせてもらえるほど甘い世界でないし、
涙一つでヒーローになれるなら、誰も苦労なんかしない。

鮮やかな復活劇でなくたって、結果が伴わなくたって、
鬼の形相で投げ込むその姿に、心を掴まれるのかなって
思います。