黄色い羽アリが飛んできた!

季節の虫

たまには羽を伸ばしたい男が書くブログ

木々が赤や黄色で彩られる季節、その足音が聞こえなくもない
あっという間に想像してたよりもずっと早く、夏が過ぎ去ってしまったという感じです。
やがて涼しくなって、気が付いたら肩をすぼめてマフラーを巻いているのかもしれません。
書店に紅葉狩りの書籍が並び、そして現場帰りに自販機で買うものがメロンソーダから
ホットココアに変わるのも、そんなに先ではなさそうです。
自宅や職場の照明周りに現れる、黄色いアリたち
そしてその紅葉の季節より少し早く訪れる、秋の風物詩とも言える害虫たち。
9月になると毎年のようにキイロシリアゲアリの羽アリに関するお問い合わせが来ます。
黄色というよりは少しオレンジ色に近く、加えて大きいのと小さいのが入り混じっている
アリということであれば間違いなく本種です。
遠くから見たキイロシリアゲアリの羽アリ
ほどほどの距離から撮影したキイロシリアゲアリ。
虫を見るのは平気なので、細かく調べて確かめたいという方は「虫取りたちのつぶやき」に
リアルな写真を掲載しておりますので御覧いただければと思います。
ちなみに1週間ほど経つと勝手に発生が終息します。
明るくて目立つところに惹きつけられる
ところでこの羽アリとは一体何なのかと申し上げますならば、次世代を担う新女王アリと
その交尾相手となる雄のアリです。
アリの種類によって時季が決まってますが、繁殖期になると羽アリが発生し、それらが
一斉に巣から飛び出し、そして交尾するという結婚飛翔を行います。その過程で巣から
大量の羽アリが飛び立つ現象が見られる訳です。
なお、キイロシリアゲアリの場合はこの結婚飛翔のシーズンが大体9月頃になります。
加えて、これら羽アリは光に誘引されるため夕方から夜間にかけて照明周りの外壁や、
屋内の照明の光が丸見えになる窓ガラスへ飛来してくることが多いです。
こういった場所に寄り付きやすい
発生源が野外であるため根本的な対策が難しく、従って飛んできたものを外壁周りや
窓ガラスの上で迎え撃つという防戦を強いられることになります。
こんな時にお勧めしたいのがサイベーレ0.5SC(外壁用)、それと試験販売のため
本数限定ですがサイベーレエアゾール(窓用)などが挙げられます。
詳しくは商品ページに記載されている通りですので、もし試してみようという方が
おられましたら是非ご覧ください。
雄アリはつらいよ・・・
ところで結婚飛翔後の羽アリですが、新女王は地上に降り立つと翅(羽)を落として
辺りを歩き回り、やがて適する場所に巣を作り始めます。
一方の雄アリは交尾後すぐに死んでしまう運命です。それを考慮して早朝に1匹だけ
ぽつんと雄アリがうろうろしているようであれば、その事情を察してあげてください。